お金が貯まらない3つの理由【出ていくお金を確認しよう】

貯める

周りと同じくらいの生活をしているはずなんだけど、お金が全然たまらないなぁ。何でかな?

こんな疑問に答えます。

お金が貯まらない3つの理由

お金が貯まらない理由は下記の3つです。

①毎月の大きな出費に気づいていない

②増えた分だけ生活の質を上げている

③その時の感情で買い物している

次に理由の解説とお金を貯める方法を説明していきます。

①毎月の大きな出費に気づいていない

贅沢をしている気がしなくてもお金が出ていく人は、毎月の固定費が高くなっています。

大きな固定費で代表的なのは家や車のローン、保険などですね。

家のローン平均は毎月8~11万円、車のローンは毎月1.5~3万円が相場と言われています。

さらに保険では、1世帯の保険費用が平均で約3.2万円といわれていますので、3つ合わせて15万円くらいは毎月何もしなくてもお金が出て行ってしまうのです。

しかも毎月自動で口座から引かれるようになっていることが多いので、これらの出費に気づいていないのです。

手取りが30万円あっても半分は固定費でなくなるので、苦しいのは当たり前ですね。

(引用:保険見直し本舗)

ちなみに、保険契約数は1~3種類くらいが大半なのですが、保険販売員から紹介される場合はより複数の保険に入っていることがありますので、一度確認してみた方が良いかと思います。

固定費の削減については過去に記事を書いていますので、良ければ参照ください。

②増えた分だけ生活の質を上げている

昇給や出世、転職などで給与が増えたりするとうれしいですよね。

お金が増えると欲しいものに手が届くようになるので

「自分へのご褒美にブランドバックや高級時計を買いたい」

「ちょっとリッチなレストランで食事をしたい」

といった今までよりも贅沢なことをし始めます。

1回や2回で満足できればいいのですが、一度贅沢を覚えると続けてしまいがちです。

増えたお金の分だけ生活の質が上がれば、増える前と同じだけしかお金は残りませんので、お金は貯まりません。

特に周囲の生活レベルが高いと自分も同じ、あるいは周り以上の生活をしたいと行動しますので、さらに支出が増えることになりますので注意が必要です。

③その時の感情で買い物している

いわゆる衝動買いといったものです。

「見るだけのつもりがおしゃれな服や靴などに目がとまり、つい買ってしまった」

「コンビニで弁当だけを買うつもりが、新商品のデザートに気づいてつい買ってしまった」

「家電量販店で店員に最新の家電を勧められ欲しくなってつい買ってしまった」

本当に必要かどうか判断する前に感情が動いてしまうので、気づくと大きな出費につながっているのです。

心当たりのある方は、ご注意くださいね?

【対策】ネットで同じくらいの年代の人の支出平均を比べてみよう

(引用:総務省 家計調査報告書)

では貯められない人はどうしたらいいのでしょうか?

一番良い方法は「ネットで同じくらいの年代の人の支出平均を比べてみる」ことです。

自身の周りと比べて今の環境があるのですから、もっと視野を広くするのです。

日本人に貯金が好きな人は多いです。

実際に日本全体でみると、多くの人は手持ちの分から少しずつ余裕がでるくらいで過ごせています。

毎月の平均貯金額(二人以上世帯)

20代:4.3~6.5万円

30代:2.2~4.3万円

40代:4.9~7.3万円

50代:5.1~7.7万円

(引用:国税庁_平成29年度分 民間給与実態統計調査)

結婚して子供ができたり、両親の世話をすることになったりとその時の生活環境で差はありますが、平均としては貯金額はすべてプラスですね。

では、実際に支出平均を比べてみましょう。

※①の固定費関連については、過去記事でもまとめていますので、今回は②、③について比べていきます。

手順は下記の通りです。

1. 1カ月の支出を整理してみる
  過去が分からない人は今から1カ月の支出を記録してみる。

2. 自分と同じくらいの年代の支出平均を調べる。

3. 平均以下であればOK,多ければ使い過ぎと判断し、改善する。

1.は現状確認です。

今日までの1か月の支出を全部整理しましょう。

不明な部分が多いようでしたら、今から1か月の支出を全部記録して1か月後に整理しましょう。

ジャンルとしては「食費」、「水道光熱費」、「日用品費(服や家事用品など)」、「交通・通信費」、「教育費」、「教養娯楽費」、「交際費」あたりですね。

他にもありますが、細かくしすぎるとわかりづらいのでこのあたりでいったん整理しましょう。

2.は比較です。

ネットで自分と同じ年代、家族構成の人の支出をネットで検索してましょう。

今回は30代の3人暮らし(夫、妻、子供)の平均支出をもとに比較してみます。

先ほど取り上げたジャンルで行くと…

食費:58.996円

水道光熱費:15,410円

日用品費:18,481円

交通・通信費:38,728円

教育費:9,165円

教養娯楽費:25,206円

交際費:13,370円

合計=179,356円

合計で18万円弱くらいです。1つ1つは少額でも合わせると意外に高額になりますね。

そして最後に3.ですね。

あなたが2.と同じ家族構成でしたら、自身の支出と比べてみてみましょう。

平均より多いところがあれば、そこが「お金が増えない原因」です。

平均よりも下げられないか検討してみるといいと思います。

食費なら「コンビニや外食に行く機会を減らして自炊する」。

日用品なら「買った服や家事用品、家具などをため込みすぎていないか(似たようなものを買っていたり、物が多いことによるストレスでさらに買いすぎることがあります)」。

教養娯楽費なら「趣味にかけるお金を見直す(ゲームに課金しすぎてないか、最新の機材にこだわりすぎていないかなど)」

などなど。

できることからでいいので、まずはやってみましょう。

必ず結果は出ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました