【国民全員に10万円支給!】新型コロナ対策の特別定額給付金とは

守る

新型コロナによる経済影響に対して、総務省から特別定額給付金の情報公開がありました。

ここ最近ニュースでも話題になっている、国民全員に10万円支給する件ですね。

今回はその情報を整理してみました。

金額と対象

「新型インフルエンザ等対策特別措置法の緊急事態宣言の下、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要がある。医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない」と示され、このため、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う。

(引用:総務省 施策の目的より)

特別定額給付金(名前が長いので以後、給付金)は、新型コロナによる経済対策として約12.9兆円の予算で組まれた国民への支援になります。

給付額は1人につき10万円

例えば1人暮らしなら10万円ですが、親2人、子供2人の4人世帯なら40万円が支給されます(給付先は世帯主)。

年齢は問われませんが、対象は4月27日時点で住民基本台帳に記録されている人になります。4月27日以降に生まれた赤ちゃんは対象外なので注意しましょう。

申請方法

給付金と名がついていることから、必ず申請が必要になります。

申請方法は下記の2種類です。

申請方法

①郵送申請

②オンライン申請(マイナンバーカード使用)

①郵送申請の場合

4月27日時点の住所へ世帯主宛に申請書が届きます。

申請書に振込先情報を記入し、口座の確認書類、本人確認書類の写しを付けて返送しましょう。

②オンライン申請の場合 ※マイナンバーカード必須

マイナポータルから振込先口座を入力した後、振込先口座の確認書類をアップロードします。

電子申請になりますので、本人確認書類は不要です。

マイナンバーカードを持っている人はこちらがオススメですね。

マイナンバーカードを持っていない人はどちらが楽?

マイナンバーカードを持っていない人はどちらの申請が楽なのでしょうか?

今からマイナンバーカードを取得する場合を考えてみると…

マイナンバーカードの取得方法

①通知カードとともに届いた個人番号カード交付申請書を探す

②印刷されたQRコードを読み込む

③スマホで自撮りを行い申請

約1か月後

④郵送で交付通知書が届く

⑤必要書類を揃えて市役所・区役所へ向かう

⑥受付で「マイナンバーカード、ゲットだぜ!(CV:松本 梨香)」

時間(1か月待ち)と手間(市/区役所に行く)がものすごく面倒ですね…。

郵送方法で対応した方が良さそうです。

受付開始日&期限

申請の受付開始日は、お住いの市区町村が決めることになってますので、案内があるまで待ちましょう。

申請期限は、郵送申請の申請受付開始日から3か月以内となります。

まとめ

では、まとめです。

1.特別定額給付金は1人10万円支給される。

2.支給には申請が必要。

3.郵送申請とオンライン申請があり、郵送申請がオススメ。

4.受付開始日は各市区町村で決まり、期限は郵送申請の受付開始日から3か月以内。

新型コロナの影響で自宅待機や休業に追い込まれた方も多い方と思いますが、めげずに頑張っていきましょう!

コメント

  1. […] 【国民全員に10万円支給!】新型コロナ対策の特別定額給付金とは新型コロナによる経済影響に対して、総務省から特別定額給付金の情報公開がありました。ここ最近ニュースでも話題 […]

タイトルとURLをコピーしました