【借金返済が優先】借金中に貯金をしない方がいい理由

守る

カードローンやクレカの返済で返済で生活が苦しい。ずっとこのままはいやだ! 少しでも貯金を始めた方がいいのかな?

こんな疑問に答えます。

借金中に貯金をしない方がいい理由

理由は下記のとおりです。

①貯金もしてしまうと借金の返済額が大きくなるのでダメ

②リボ払いも高金利の借金なので貯金よりも返済優先

借金をしていると常にお金のことを考えてしまい、毎日が憂鬱になりがちです。

少しでも今より生活を良くしようと貯金を始める人がいますが、やめておいた方がいいです。

貯金もしてしまうと借金の返済額が大きくなるのでダメ

借金中に貯金を始めてしまうと、必然的に返済金額が少なくなります。

すると、借りている期間が長くなりますので返済金額は増えてしまいます。

例えばカードローンの場合、70万円借りて毎月7万円ずつ返済すると返済額は約75万円ですみますが、毎月2万円ずつ返済すると返済額は約93万円にもなります。※年利:15%で計算

下のグラフにあるように、前半は金利の支払いで大半を持っていかれているので返済が進まないのです。

毎月2万円ずつ返済した場合の内訳

金利は借りた他人のために払うお金です。

他人のために働く時間が長くなるので、借金中の貯金はおすすめしません。

リボ払いも高金利の借金なので貯金よりも返済優先

クレジットカードで使いすぎたときに、毎月の支払額を低くする方法として「リボ払い」があります。

毎月3,000円や5,000円といった少額の負担で済むので貯金もできてうれしいように見えますが、原理は先ほどのカードローンと一緒です。

特に問題なのはカードローンよりも毎月の返済金額をさらに安くできてしまうので、借金をしている実感が湧かない点です。

追加で買い物をしてリボ払いの返済額を増やしてしまいがちです。

ちなみに、たった10万円の返済でも最安の3,000円にしてしまうと先ほどのシミュレーション結果とほぼ同じ返済期間がかかってしまいます。

いつまでたっても返済できない地獄にはまることになりますので、リボ払いは絶対にやめましょう。

借金がなくなったあとで貯金しても遅くない

借金は早くに解消すべきです。

友達でもない、家族でもない赤の他人のために働くことほど無駄なことはありません。

最悪、親を頼っても良いので返済しましょう。

返済後に貯める力を身に着ければ、今後の生活が楽になります。

貯める力について気になる方は当ブログの過去記事を参照ください。

今を改善すれば未来も安心できます。良く考えて行動しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました