【サラリーマンこそやるべき】ふるさと納税でお得に生活しよう!

貯める

ふるさと納税ってご存じですか?

ざっくりわかりやすく言うと、

「実質負担2,000円で寄附(きふ)先から地元の特産品がもらえる」

といった制度になります。

「納税」という言葉がついているために、なんとなく知ってるけど損しそうと勘違いされている方が多いですが、実際はすごくお得な制度なのです。

今回はふるさと納税のメリットと概要をまとめてみました。

ふるさと納税のメリット:「払ったお金以上の価値が手に入る」

先ほどもお伝えしたようにふるさと納税は「実質負担2,000円で寄附(きふ)先から地元の特産品がもらえる」制度です。

私が利用している「楽天ふるさと納税」では、うなぎやカニ、高級牛肉(A5ランクの脂がすごい肉)などといった贅沢品から米や水などの日用品、エアロバイクや手作りナイフといったネタもの(?)と面白いものがたくさんあり、どれを見ても「これは2,000円じゃ買えないでしょ」というものがもらえるようになっています。

現在のランキングではお米やうなぎが人気みたいです。

ちなみに私のおすすめ返礼品は「馬刺し」です!ニンニク醤油と合わせると最高なのですよ!

どの商品(寄付金)の価格は1万円以上するのでびっくりしますが、最終的な支出は2,000円になります。不思議ですよね。

次からふるさと納税のからくりを解説します。

ふるさと納税とは「ほっといても払わなければいけない税金を先に支払いする制度」で、「+2,000円払うだけで特産品がもらえる」

(引用:さとふる)

ふるさと納税をものすごくざっくり言いますと、

ほっといても払わなければいけない税金を先に支払いする制度で、+2,000円払うだけで払った金額以上の特産品がもらえる

ということです。

ふるさと納税は、いわゆる「寄附(きふ)」にあたりまして、国に認められた自治体へ寄附をすることで税金の控除が受けられます(寄附金控除と呼ばれています)。

この控除に申請することで「寄附金=来年の住民税(+所得税)の前払い+2,000円」というお金として判断され、来年の給料から税金分を減額されるのです。

ちなみに楽天ふるさと納税なら楽天ポイントも付くので、ふるさと納税キャンペーンの時に利用すると持ち出しの2,000円も実質無料になります(むしろプラスになる人も)。

とはいえどれだけ寄付してもよいわけではなくて、寄附した額が寄附金控除の上限額を超えると、超えた分は自己負担となります。

ふるさと納税サイトにシミュレーションがありますので、上限を確認しておけば大丈夫ですが、表示された金額-5,000円くらいを目途にしておくと安全です。

では最後に、実際に控除を受けるための申請「ワンストップ特例制度」、返礼品を探す前にご説明します。

サラリーマンの特権! ワンストップ特例制度を利用でラクチン控除!

通常はみなさんが苦手な「確定申告」が必要なるのですが、今回はサラリーマン向けの手間が少ない方法「ワンストップ特例制度」をご紹介します。

ざっくり説明すると、

「寄附した分はちゃんと私の住んでいる住所の住民税から控除してね」という申請書を寄付先に郵送する

ということです。

(引用:ふるさとチョイス)

ワンストップ特例制度は、 ふるさと納税をした後に確定申告をしなくても寄附金控除が受けられる便利な仕組みです。

ふるさと納税をする際に、「ワンストップ特例制度を利用する」という選択があるので選んでおけば寄附先から申請書が届きます。

実際にやることは「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」という名前の申請書に必要事項を記入して、本人確認ができる書類とともに寄附した自治体提出するだけです。

「必要事項」というのは申請者の住所や氏名などの情報、寄付した日の記入や該当欄にチェックをいれるだけです。

「本人確認ができる書類」はマイナンバーカードのコピー、またはマイナンバー通知カードと身分証のコピーになります。

全部の作業が終わったら郵送して完了です!

ちなみにですが、申請する際に条件がありますので下記の4点はふるさと納税前に必ず確認しましょう。

ワンストップ特例制度の申請条件

①寄附した年の確定申告をしないこと

②1年間の寄付先が5自治体以内であること

③申し込みのたびに自治体へ申請書を郵送すること

①は「確定申告をやらなくてもよい制度」=「ワンストップ特例制度」なので、ほかの理由(医療費控除、住宅ローン控除など)で確定申告をしてしまうと、当然使えなくなります。

通常のサラリーマンなら気にしなくてよいのですが、年収2,000万円を超える高給取りや、医療費控除等で確定申告を使用してる方も申請条件から外れます。

確定申告をする可能性のある方は注意しましょう。

②は国が寄付先に上限を設けていまして、寄附先の自治体の種類が6つ以上になると条件から外れます。あれもこれもと寄附しすぎないように注意しましょう。

③は同じ場所への寄附でも、年内であれば個別に扱われるため、寄附ごとに毎回申請が必要になります。必ず寄附のたびに申請書を提出するようにしましょう。

まとめ

最後にふるさと納税についてのまとめです。

1. ふるさと納税のメリット:「払ったお金以上の価値が手に入る」

2. ふるさと納税とは「ほっといても払わなければいけない税金を先に支払いする制度」で、「+2,000円払うだけで特産品がもらえる」

3.サラリーマンの特権! ワンストップ特例制度を利用でラクチン控除!

サラリーマンの方は面倒な手間も少なく豪華な返礼品をゲットするチャンスですので、ぜひ検討してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました